しありす

しありすのメリット、他の追随を許さない持続力

しありすは、いわゆるED治療薬の一種で、米国で販売された商品です。

 

 

国内でも数年前に認可が下り、バイアグラに次ぐシェアをあっという間に獲得しました。

 

 

国内外問わず、既存のED治療薬は基本的に即効型が中心で、短い時間で男性機能を高められるというメリットがある一方で、持続時間に難点が存在しました。

 

 

しかし、新しく認可が下りました、この医薬品は違っており、既存のED治療薬には見られなかった持続時間の長さがあります。

 

 

他の医薬品と違い、最長で36時間という他の追随を許さない持続力が備わっており、一晩に渡って、男性機能の維持と高まりを得られます。

 

 

短期型のED治療薬と相性が悪かった人々も、しありすだと満足いく、という場合が多く、専門家によってはバイアグラよりも、この医薬品をユーザーに、勧めるケースもあります。

 

 

またバイアグラ等のED治療薬の違いは他にもあり、飲み方に応用が利くというメリットが、魅力の一つです。

 

 

既存の医薬品は、当然ですが飲み方が厳しく指定されており、特に食前・食後といったタイミングがシビアになっています。

 

 

ED治療薬も例外ではなく、バイアグラを例に挙げれば、食前に服用しなければ、効果がほとんど実感出来ません。

 

 

胃の中が空っぽに近い、空腹状態での服用が定められたおり、それ以外のタイミングで使っても、効果が半減します。

 

 

その点がバイアグラの難点であり、一般的なED治療薬のデメリットでした。

 

継続時間が長い持続力のあるED薬

翻ってしありすは違っており、服用するタイミングが自由になっています。

 

 

もちろん吸収率が良い空腹時を狙うのが推奨されていますが、他のED治療薬と違って、アルコールや食事の影響を非常に受けにくいため、基本的にユーザーが飲むタイミングを意識する必要がありません。

 

 

効果の現れ方自体はバイアグラに比べて穏やかでスローですが、薬の「待ち時間」は意外と短く、持続力があるしありすも服用から、1時間程度で男性機能が高まるという作用が生じます。

 

 

もちろん、他のED治療薬と同様に服用と同時に激しく勃起して困る、等といった症状はありません。

 

 

女性からの性的な刺激を受けることで、スイッチが入る点は、普段のナイトライフと同じですから、医薬品を摂取しても、無闇に勃起が始まるというデメリットは無いので安心出来ます。

 

 

ちなみにしありすの入手方法としては、主に二種類あります。

 

 

一つ目は専門的な医院から入手する方法で、二つ目は海外からネットショッピングで、購入する方法になります。

 

ED治療薬しありすは長時間作用する薬

EDの治療法として多くの人が選択しているのが治療薬を服用する事です。

 

 

毎日飲む必要が無く、性行為をする前に飲めば良い点が支持される理由の一つとなっています。

 

 

中でも、しありすは効果が持続する時間がかなり長く、24時間から36時間です。

 

 

その為、性行為を行うであろう時間から服用するタイミングを逆算する必要もありません。

 

 

しかも体内に薬の成分が吸収されてしまえば、後は何を食べても飲んでも良いのです。

 

 

だから、食事の影響を受けないという点も高く評価されています。

 

 

従ってそれを服用する人は時計を見て飲むタイミングを考える必要もなく、気づいた時に飲めば良いので、「タイミングを合わせて飲まなければいけない」というプレッシャーもありません。

 

 

また効果が切れてしまう前に性行為を終える必要が有るといって焦る必要もないのです。

 

 

ただ、服用は確かにいつでも良い薬ですが、1回服用したら次は24時間以上空けてから服用しなければいけません。

 

 

その為、1日2回飲むという事は出来ないので注意しましょう。

 

アルコールや食事の影響

また食事の影響は受けないと一般的にも知られていますが、高カロリーな食事を摂取する場合は話が別です。

 

 

できるだけ効果を実感する為にも、1回の食事は800kcal以下に抑える様にしましょう。

 

 

従って、外食する時などはカロリー表示がある所で食べる、もしくは出来るだけ脂質を摂らないように心がける必要が有ります。

 

 

服用する時は水以外にお茶等でも薬に対して影響を及ぼす事は有りません。

 

 

アルコールの影響も受けにくい薬ですが、泥酔してしまう程飲むのは良くないので注意しましょう。

 

 

日頃からアルコールを摂取している人は、飲み過ぎないようにします。

 

 

またそもそもアルコールに弱い人は、酔いやすくなる可能性があるので、しありすを服用する時は飲まないようにする方が賢明です。

 

 

他のED治療薬よりも長時間効果が持続するしありすは、多くの人から注目を集めています。

 

 

その効果の出方は緩やかで、ずっと持続するイメージを抱いておけば良いでしょう。

 

 

また、硝酸剤が併用禁忌薬となっているので、それを服用している人は飲む事が出来ません。

 

 

それ以外にも何か薬を飲んでいる人がしありすを使いたいと思った場合は、病院や薬剤師に現在服用している薬を伝え、それと併用しても良いのか、それとも良くないのかを聞いてから飲むようにしましょう。

 

 

ED治療薬は勃起の補助をする薬です。

 

 

安全に使う為にも、用量・用法を守って正しく使うようにしましょう。